桃日記

是々非々 まったり 1日1枚・・・ネタなくてキツいぞw

カビキラーなんだかカベキラーなんだかw

まぁ風呂でしか使えない訳でなくて
外壁の風通しの悪い部分の赤カビを消した という話

赤カビは綺麗に消えた
 塗り方が薄くてムラに残った黒い部分も再度塗ってほぼ消えた
 更に一晩経過したら ここまで消えた(元写真なしw)

すると もう2,3本で 最後に残った黒ずんだカビも・・・と色気がでるw

雨の中 記録写真を撮っておいた
KABE01

KABE02

KABE03

KABE04

KABE05

KABE06

KABE07

KABE08

KABE09

KABE10

KABE11

KABE12

KABE13

KABE14


 

昨夕 塗ったところを クレンザーで洗い 水で流した
 (順番が逆だなw)

 赤いカビは殆ど消えた

 カビキラーをケチってスクレーパーで広げた薄い部分とかは落ちてない(汗;

 真っ赤~オレンジは数分でなる 1時間程度でほぼ消える
 12時間以上置いても取れてない・・・は 液少なかったとしか

 別の種類のカビかもしれん(黒い)

 カビキラーの厚さは均等に厚めだろうね(一発でやりたければ)
 ああ地球から遠い部分からだよ・・・泡は垂れる
 基本 こういうものをケチっちゃ なんねぇだよ

kabi6

この黒い部分のムラの形はスクレーパーのヘラ形のままw
ということは 薄かった ということか 違う種類のカビかもな

 ・洗浄する
 ・広めに塗る
 ・洗い流す
 ・表面保護
 とか こういう順番なんだろうねw

177円のカビキラーをケチる女 = 時間の無駄だ 2度手間

とりあえず 赤いカビは消えました 経年変化なりの劣化と汚れ
ということでwww
 
 
2016.08.26  午後
薄い赤の部分にカビキラー吹いてクレンザーで磨いて水

また今度 黒い部分の上にカビキラーを厚く塗ってみるw
今日は 3つめを使いきった
kabi07
以前の赤い山脈のカビも消えて 気にしなきゃ気にならない
一部黒い部分は以前 ペイントを上塗りしたが色が合わなかった部分w
色合せは大変 漂白は楽www
kabi08

一応作業終了とする

一日中 忙しく肉体労働をしたが 写真はこれだけ
よって 1記事を分解して今日の記事にすることにwww
 

気温26度程度かな
 昨日の夕方は寒いくらいだった

昼3時のこの時刻 セミが鳴かない 
鳥の声も聞こえない
妙に静かだ

この写真の左右の大木を切ったからかな?

左のニレ欅は2階の屋根くらい
右の合歓の木も同じくらいだった

春になる前に2メートル程度まで切り詰めた
やっと芽吹いてきてキノコの山作成中

セミは最終的にニレ欅にすがって卵を生んでいた
初夏に出てきた穴がそこらまわりにいっぱい @アブラゼミ
合歓の木には産みつけない風

合歓は一時の休憩用の木のようだったw

aka5

 ここまで 低くなると身の安全を考えるのか 来て鳴くセミもいなくなった
 ということは 3,4年後には 蝉の穴も出来ないことになるのかな

 

↑このページのトップヘ